端末を購入しないということもできなくはありません…。

どこのキャリアでも使えるSIMフリー端末の素晴らしいところとは、格安SIMカードを巧みに活用すると、スマホの月々の使用料を5割程度に半減させることが不可能ではないということです。
間もなく格安スマホを購入する計画だと言う人の為に、おすすめの機種とプランを取り纏めました。それぞれの料金やウリも閲覧できますので、参照して頂ければと思います。
端末を購入しないということもできなくはありません。今使っているキャリアと同一の回線をレンタルしているMVNOを選択すれば、端末をチェンジすることなくスマホ生活をエンジョイすることも可能なので、ご安心ください。
一概にSIMフリータブレットがベストだと申し上げても、多様な種別があり、どれを選択すべきか明確にならないでしょう。そこで、SIMフリータブレットの選択方法をご案内いたします。
評判のいいWi-Fiタブレット型PCとSIMフリータブレット型PCが相違するポイントは、SIMカードが利用可能かどうかというところなのですが、言ってみれば携帯電話通信回線を使用できるのかできないのかということなのです。

昨今流通している携帯電話は、TEL番号とかメルアドなどの個人情報がSIMカードにストックされるようになっています。このSIMカードを抜き去ってしまった状態の端末の事を、普段「白ロム」と称しているのです。
SIMフリー端末の利点は、低料金で使えるだけではないと断言します。海外に出かけた際に、専門ショップなどでプリペイド仕様のSIMカードを入手することができれば、あなたのモバイル端末を通常通り使用可能です。
今は携帯電話しかないのだけど、スマホを持ってみようかとお考えのという人や、スマホの支払いをもっと引き下げたいという人にも、格安スマホは最もおすすめの端末だと感じます。
「白ロム」という文言は、本当は電話番号が記録されていない携帯電話機のことを指し示した専門語だったとのことです。一方、電話番号が入力済みの携帯電話機のことを「黒ロム」と称するそうです。
SIMフリースマホの選択に戸惑っているのなら、端末の値段のレンジを確認して選択してみてはどうですか?当たり前ですが、値段の高い端末になるほど有用な機能を有しており高スペックだと考えていいでしょう。

一口に「格安SIM」と言っても、どれを買い求めたらいいのかと悩んでしまうユーザーも結構いらっしゃると想定します。なので、格安SIMを決める上での重要事項を説明しながら、おすすめしても大丈夫なプランを伝授したいと思います。
大手キャリアについては、端末(スマホなど)と通信を抱き合わせてセールスしますので、殆どの人は、そのセットで契約することが常識のようになっています。それがあるので、MVNOに乗り換えるような時は、買い方自体が全く違うということに戸惑いが生じるはずです。
各キャリアとも、特徴的なサービスを展開中なので、ランキングの形にするのは手間が掛かるのですが、経験の浅い人でも「心配なし&重宝する」格安SIMを、ランキング形式にてお見せしたいと思います。
10何社という企業が参画し、更に次々とその数が大きくなっている格安SIMサービス。どれを選定したら満足できるのか明白とは言えないという人の事を考えて、使用目的別おすすめプランをご紹介します。
初めは、安い価格の端末の評価が高かったMVNO用のSIMフリー端末だったと聞いていますが、ここ数年はいくらか高い端末が注目され、システム的にストレスに見舞われることはなくなったという話を聞きました。

顔に「タイヤ痕」男性死亡

17日午前5時ごろ、千葉県松戸市稔台の路上で、男性が亡くなっているのが発見されました。
顔には車にひかれたとみられる痕があり、死亡ひき逃げ事件とみて警察が捜査しているということです。
「路上に人が倒れている」と通行人の男性が110番通報しましたた。
亡くなった男性は仰向けの状態で頭を路上に両足を歩道の縁石に乗せた形で倒れていて、すでに亡くなっていたということです。
その後の調べで、男性の身元も確認されました。
なぜ顔がひかれてしまったのでしょうか。
一刻も早く犯人が見つかり、事件の解決をしてほしいです。
どういった状況で事故が起きたのか、全く想像が出来ません。
ただ、亡くなった男性は苦しかったでしょうと、そう思います。

北海道、宿泊キャンセル続出

台風被害の煽りを受けて、北海道の宿泊施設のキャンセルが相次いでいるという。その数なんと3万人にもなる。
主要な国道の通行止め、線路の断絶などで施設への道がないというのも現実だ。また、やはり危ないという意識が大きいようである。
日本旅館協会北海道支部連合会の独自の調査によって明らかになった。
うち4%あまりは外国人観光客だったという。
10月あたりになっても、通行止めがいつ解除されるか分からないという理由から、予約が入っていないという意見が多かったという。 
また、宿泊施設からは「風評によるキャンセルがほとんど」「農漁業が打撃を受け、オフシーズンになると旅行に出掛ける農漁業者の宿泊利用も減るのではないか」と意見もあったという。
線路の復旧のめどは立っていないそうだ。孤立した地域はもうなくなっただろうか。一刻も早い復興が望まれる。

盲導犬を連れた男性、ホームから転落

目が見えない、あるいは著しく視力が低い障害を持つ人の目となる盲導犬。リードではなくハーネスを付けた大型犬なので見ればすぐにわかる。盲導犬は特別な訓練を積み試験に合格してなれるもの。人の命令に従うだけでなく、車が通っていたら主人が歩いていても止まって引き留めるなど自分の意思でうごくことが必要とされる場面も多い。
視覚障害者は、盲導犬を頼るようになって外を歩く喜びを知ったり後天性障害であれば思い出したりするそうだ。
しかし、先日 15日午後6頃悲劇がおきた。東京メトロ銀座線の青山一丁目駅で、盲導犬を連れた男性がホームを歩いていて転落してしまい走ってきた電車とぶつかった。男性は重体で病院に搬送され、そのまま亡くなったという。
ホームに設置された防犯カメラには、亡くなった品田直人さん(55)が右側に盲導犬を連れて歩き、左側に転落した様子が映っていたという。
盲導犬は転落しなかった。また、ホームを歩いている際に危険だと思った駅員が、マイクを使って注意を呼びかけたそうだ。青山一丁目駅にはホームドアがなかった。
ホームには少なかったが人がいたそうだ。近くにいる人が声をかけていれば悲劇は免れたかもしれない。

千葉の公園にアフリカの鳥?

千葉県袖ケ浦市飯富の袖ケ浦公園で7月30日午前7時ごろ、出勤した職員が頭に冠の様な羽を持つ2羽の鳥を、園内の池のほとりで見つけました。
鳥のことを調べたら、アフリカに生息する”ホオジロカンムリヅル”と見られるようです。
この2羽は8月2日にも、池のほとりで草をつついたり毛繕いしている姿が見られたようです。
珍しい鳥が自分の勤める公園に、急に現れたらなんだか嬉しくなりますね。
しかし、この2羽はどこからやってきたのでしょうか。
『どこかで飼っていたのが逃げたのか、誰かが放したのか。』という話もあるそうです。
また、『ネットに投稿され、東京からも問い合わせがあった。これが園の売りになれば』と職員の方は話していたそうです。
これから”ホオジロカンムリヅル”の2羽についてのニュースが楽しみですね。

ユーミン、初の時代劇主題歌

堤幸彦監督の演出による、超スペクタクル大作舞台の映画化「真田十勇士」において、シンガーソングライターの松任谷由実さんが主題歌を担当することが決まりました。
松任谷さんの時代劇映画への楽曲提供は今回が初めてのこととなります。
本作は、2014年に大ヒットを記録したスペクタクル超大作舞台「真田十勇士」を映画化にしたもの。
映画公開と同時期に、堤監督演出で舞台が再演されることも決定しました。
「映画」と「舞台」を同時期に公開・上演するという、映画界・演劇界にとって史上初の試みが行われます。

聖火消火しようとした男、逮捕

リオ五輪の聖火を消そうとした男が警察に捕まった。
今月26日、ブラジル中部の町マラカジュで、リオデジャネイロ五輪の聖火を消火しようと水の入ったバケツを投げつけようとした男(27歳)が逮捕された。公共財産損壊容疑にあたるという。一連の流れは動画投稿サイトのYouTubeで確認でき、この動画によると、聖火は消えておらず燃えているとのこと。
男は有罪となった場合、最大で3年刑務所送りになるという。
警察は男の動機のついては、「フェイスブックに投稿するため冗談だった」とメディアにコメントした。
SNSに投稿するためとは一体なにを考えているのか・・・。

ダークダックスメンバー佐々木行さん死去

「山男の歌」「銀色の道」「ともしび」など数々のヒット曲を世に届けた男性コーラスグループ「ダークダックス」のメンバーで、「マンガさん」の愛称で親しまれた佐々木行さんが20日、亡くなりました。84歳。葬儀は近親者のみで営むそうです。
1932年、福島県生まれ。51年、佐々木さんら慶応大のワグネル・ソサィエティー男声合唱団のメンバー3人がパーティーで合唱を披露したのが始まりとのこと。
翌年、1人が加わり4人組となりました。
佐々木さんはつややかなテノールでメロディーをけん引したが、97年に体調を崩し、療養を続けていました。
ダークダックスのレパートリーはジャズ、ロシア民謡、日本の叙情歌など幅広く、優れたハーモニーと品の良さが愛されました。
世界最長寿のコーラスグループとしてギネス記録にも登録され、93年には4人そろって紫綬褒章を受章したそうです。

ツムツムに盗用疑惑

韓国のオンラインゲーム開発会社「モビアート」は18日までに、LINEのスマートフォン向けカジュアルパズルゲーム「ディズニーツムツム」が自社のゲームを盗用したとして、法的手段も辞さないとの方針を明らかにしたそうだ。
ディズニーツムツムは2014年1月末にサービスを開始し、世界で累計5500万件のダウンロードを記録した人気ゲームだ。LINEの親会社、NAVERの子会社だったNHN PlayArtとディズニーが共同開発したとのこと。
モビアートは2013年、自社が開発したゲームの日本での配信に向け、LINE側と協議を行ったが実現せず、同年末から韓国で「シェイクポップコーン」とのタイトルで配信しているそうだ。
モビアートは端末を傾けたり振ったりすることでパズルの配置を変えるプレイ方法はシェイクポップコーンが最初に採用したなどとして、独自に開発したゲームをLINE側が盗用したと主張しているという。
LINE側はモビアート側が配信を提案する前からディズニー側と協議を始め、主要機能の規格もほぼ完成していたとして、東洋の疑惑を否定したとのこと。また、端末を傾けたり振ったりするプレイ方法については、「モバイルゲームで活用できる機能の一つに過ぎない」として、「モビアートの独創的なプレイ方法と見ることは難しい」と説明したという。
ディズニーツムツムのプレイ方法は端末を傾けたり振ったりすることよりも、画面をタップして「ツム」をつなげていくことがメインとなっているので、機能の一部である部分を「盗用だ」と主張されても確かに無理がある気がする。

90年前から鎮火しない炭鉱火災

北海道は雪国なので、冬が近づけば雪が降る。積もった雪は初夏あたりまで融けないところも珍しくない。しかし、夕張市本町には、冬でも雪が積もらないところがある。山腹にある旧炭鉱で、大正期に坑内火災が発生し、鎮火しないまま閉鎖することになった「神通坑」だ。春には歩いていける程度の場所だという。
炭鉱付近の斜面には数か所穴が開いており、湯気がたっているそうだ。
神通坑は大正時代初期ごろに開かれたとされ、少なくとも1913年(大正2年)8月には稼働していた記録があるという。
それから名称が変わったり、内部を改修したりしていたが、1925年(同14年)に火災が起きた。坑口は密閉されたが、以後90年以上にわたって地下でくすぶり続けているそうだ。
穴の内部は少し熱い程度で、手を入れても問題らしい。炭坑内の火災はいつかは鎮火するのだろうか。