ゴードン・ブラウン

1951年スコットランドのグラスゴー生まれ。
父はスコットランド長老派教会の牧師であった。
ファイフ州のカーコーディー高校在籍時にラグビーの競技中の事故で網膜剥離を患い左目を失明しており、現在は義眼を用いている。
成績優秀により16歳でエディンバラ大学へ進学し歴史学を専攻、優等の成績で卒業した。
1982年に労働党左派の政治家ジェームズ・マクストンに関する研究でエディンバラ大学より博士号を取得している。