水星はどうして黒っぽいのか

太陽系で最も太陽に近い惑星「水星」。太陽系で最も小さいこの惑星は、その名に似合わず黒ずんだ色をしていることでも知られている。水星なら、水色をしている方がイメージ的にはあっているのだが。だが、水星が黒くなったのにはちゃんと理由があるという。今回、水星を調査したNASAの探査機「メッセンジャー」がその理由を解き明かしてくれた。
水星は「グラファイト」に覆われているのだそうだ。黒鉛、つまり鉛筆の芯と同じ素材。なお、メッセンジャーは2004年に打ち上げられ、地球や金星でスイングバイをした後に2011年に水星の周回軌道に投入。その後、2015年の5月に水星に落下してミッションを終えたそうだ。
科学者の予想によれば、水星は以前はマグマに覆われた灼熱の惑星だったそうだ。しかし数百万年が経つうちに徐々に地表は冷却され、「厚さ1kmにも及ぶ黒鉛に似た層」が水星を覆ったのだという。また火山活動や宇宙空間の岩石がゴツゴツした地表を覆い、今の水星を形作ったそうだ。科学者は水星のオリジナルな岩石の成分を特定することができれば、水星の成り立ちを理解できると期待しているそうだ。
これまで水星は太陽系の中で最も理解が進んでいなかった惑星の一つだが、現在JAXAと欧州宇宙機関は共同で水星探査計画「ベピ・コロンボ」を進めているという。探査機の打ち上げは2016年度を予定しており、今後さらに水星の理解が進むことが期待される。
マグマに覆われていた頃はどんな色をしていたのだろうか?そもそも、なぜ「水星」と名付けられたのだろうか…?