聖火消火しようとした男、逮捕

リオ五輪の聖火を消そうとした男が警察に捕まった。
今月26日、ブラジル中部の町マラカジュで、リオデジャネイロ五輪の聖火を消火しようと水の入ったバケツを投げつけようとした男(27歳)が逮捕された。公共財産損壊容疑にあたるという。一連の流れは動画投稿サイトのYouTubeで確認でき、この動画によると、聖火は消えておらず燃えているとのこと。
男は有罪となった場合、最大で3年刑務所送りになるという。
警察は男の動機のついては、「フェイスブックに投稿するため冗談だった」とメディアにコメントした。
SNSに投稿するためとは一体なにを考えているのか・・・。