動物園飼育員の人生相談が評判

日多摩動物園の公式Twitterが、利用者から寄せられた質問に対する”飼育員の回答”を披露して評判になっているそうだ。
同園では4月19日、「飼育(419)の日」にちなんだ複数のイベントを実施した。その1つに一般募集した質問に飼育係が回答&展示する「飼育係とつながる掲示板」があり、Twitterにも一部掲載したそうだ。質問内容は動物の生態から恋愛相談まで様々。それらに飼育係が真摯に、時にはユーモアを交えて回答していくのだが、独自の視点があって興味深いとのこと。「2年前に別れた元彼が忘れられない」という質問には、実際にあった二ホンイヌワシの飼育例から「連絡も取れないくらい離れてみること」と提案。「女子にモテたい!」という質問には、チンパンジーのオスがモテる法則「ただ力が強いだけでなく、周囲に気を配り、メスへの毛づくろいを忘れず、突然現れた恐ろしいものに勇敢に立ち向かう」を参考に振る舞ってはどうかとアドバイスをしたそうだ。
もちろん「動物園のライオンは野生のライオンと違って大人しいのか」、「虫が苦手でも飼育係になれる?」、「家で飼っている猫が食べちゃいたいくらいかわいくて困っている」など飼育関連の質問にも回答しているとのこと。現地ではこうしたやり取りのすべてに加え、自分たちが日常考えていることや動物への想い、仕事風景などを4月29日魔で展示しているそうなので、”飼育係の生態”を知りたい人は訪れてみてはいかがだろうか。