ツムツムに盗用疑惑

韓国のオンラインゲーム開発会社「モビアート」は18日までに、LINEのスマートフォン向けカジュアルパズルゲーム「ディズニーツムツム」が自社のゲームを盗用したとして、法的手段も辞さないとの方針を明らかにしたそうだ。
ディズニーツムツムは2014年1月末にサービスを開始し、世界で累計5500万件のダウンロードを記録した人気ゲームだ。LINEの親会社、NAVERの子会社だったNHN PlayArtとディズニーが共同開発したとのこと。
モビアートは2013年、自社が開発したゲームの日本での配信に向け、LINE側と協議を行ったが実現せず、同年末から韓国で「シェイクポップコーン」とのタイトルで配信しているそうだ。
モビアートは端末を傾けたり振ったりすることでパズルの配置を変えるプレイ方法はシェイクポップコーンが最初に採用したなどとして、独自に開発したゲームをLINE側が盗用したと主張しているという。
LINE側はモビアート側が配信を提案する前からディズニー側と協議を始め、主要機能の規格もほぼ完成していたとして、東洋の疑惑を否定したとのこと。また、端末を傾けたり振ったりするプレイ方法については、「モバイルゲームで活用できる機能の一つに過ぎない」として、「モビアートの独創的なプレイ方法と見ることは難しい」と説明したという。
ディズニーツムツムのプレイ方法は端末を傾けたり振ったりすることよりも、画面をタップして「ツム」をつなげていくことがメインとなっているので、機能の一部である部分を「盗用だ」と主張されても確かに無理がある気がする。