幸田露伴

1894年、腸チフスにかかり死にかけるが、翌年に結婚、それ以降の数年で『ひげ男』『新羽衣物語』『椀久物語』を発表、また当時としては画期的な都市論『一国の首都』『水の東京』も発表する。
この頃に同世代の尾崎紅葉ととも「紅露時代」と呼ばれる黄金時代を迎える。
「写実主義の尾崎紅葉、理想主義の幸田露伴」と並び称され明治文学の一時代を築いた露伴は、近代文学の発展を方向づけたとされる。
また尾崎紅葉・坪内逍遥・森鴎外と並んで、「紅露逍鴎時代」と呼ばれることもある。

L・ロン・ハバード

ハバードは論争の的となる有名人であり、彼の人生の詳細はいまだに議論されている。
サイエントロジーの公式な伝記は彼を「生命よりも大きな存在」として紹介し、その生涯は「驚愕すべき広範にわたる分野で、敬服すべき業績の数々にちりばめられている」としている。
これらの主張の多くは以前サイエントロジー信者だった者や、サイエントロジーと関係の無い第三者の研究者たちによって議論されており、彼らはハバードに対して厳しく批判的な記述をしてきた。

罪と罰を書く前のドストエフスキー

政治犯としての刑期を終え、シベリアから帰還したドストエフスキーを待っていたものは度重なる不幸であった。
病床に臥した最初の妻マリアの看病はドストエフスキーを疲弊させ、ポリーナ・スースロワとの不倫関係を持つきっかけとなった。
ドストエフスキーは妻マリアを差し置いてポリーナとのイタリア旅行を画策するが、一足先に旅立っていたポリーナは寂しさにかられて他人に身を任せ、ドストエフスキーを落胆させた。
それでもドストエフスキーは持ちこたえ、彼女とイタリア旅行に向かうが、その直前にヴィスバーデンで大勝していたこともあって、行く先々でルーレットに大金をつぎ込み、ポリーナにも愛想を尽かされる。
さらに、妻マリヤと実の兄ミハイルが相次いで世を去り、ミハイルが創刊した雑誌『世紀』も廃刊に追い込まれ、莫大な借金だけが残された。
新作『地下室の手記』も評価されず、失意のうちにあったドストエフスキーは悪徳出版業者ステロフスキーとの間に無謀な契約を交わし、それによって前借りした3000ルーブルを当座の借金の返済にあて、残った金を元手に再びヴィスバーデンに赴いた。
しかし彼はここでも大負けし、ホテルから蝋燭の提供さえ拒否されるという窮地に陥った。
このような状況の中で『罪と罰』初稿の執筆が開始されたのである。

ヨゼフィーネ・ムッツェンバッヒェル

ウィーン郊外の集合住宅に住む革細工職人の娘ヨゼフィーネ・ムッツェンバッヒェルは、5歳のとき同居人の若い男からスカートの下に熱い視線を注がれたことを記憶しており、彼を「最初の恋人」と呼んでいる。
7歳のとき、1歳半違いの兄のフランツとともに近所に住む友達フェルドルとアンナの兄妹のところに遊びに行ったペピは、「パパとママごっこ」に誘われ、それまで知っていた遊びと違い、赤ん坊が生まれるすこし手前から始まるという独特の筋書きに多少戸惑いながらも、言われるままにフェルドルとカップリングして演技をすすめているうち、股間にくすぐったいのとは別の、未知の快い感覚を覚える。
それからというもの、ペピとフランツは頻繁にフェルドル兄妹を訪ね、その親戚の少年少女たちも交えて「パパとママごっこ」にふけった。

http://newvictorychurch.org/