Rソックス上原、4失点で今季初黒星

レッドソックスの上原浩治が現地時間の18日、ブルージェイズ戦の8回、抑えの投手として登板しました。
上原浩治は、この日珍しく3四死球と制球を乱して、一死しか奪えず降板。計4失点で負け投手となり、チームも連敗を喫した。
上原浩治は、1-0の8回から3番手として登板しました。
先頭の8番、ピラーに内野安打、そして代打・スモークに四球を与えると捕逸も重なってしまい、無死二、三塁の大ピンチを招いてしまいました。
1番ソーンダースは遊ゴロに打ち取るものの、同点となる三塁走者がホームベースへ生還。
7回途中無失点と好投した先発のバックホルツの白星はここで消滅してしまいます。
同時に、上原にとっての今季初失点となりました。
さらには2番ドナルドソンに死球、そして3番バティスタには四球を与えてしまい一死満塁に・・・。
上原はここで降板となりました。